正しくダイエットするために。

こんにちは。

 

痩せたい時に、基となる考えのエネルギー(カロリー)。

摂取量 < 消費

となる事が鉄則ですよね。

 

しかし、これだけしか知らずに実施すると危険を及ぼすこともあります。

 

人間生きているだけでも、エネルギーを消費している

無意識ですが心臓動いていますよね。呼吸もしてますよね。

人間は、全く身体を動かさない安静状態や眠った状態でも、エネルギーを消費しています。

 

また、仕事や学校、遊び、年齢などで、身体活動量が違うので一概に消費エネルギーはは一緒ではありません。

 

アスリートの場合、消費エネルギーは大きくなり、疲労、筋肉の修復、維持、合成(大きくするため)も必要となり、必要摂取量(食事)は一般の方と比べ多くなります。

 

f:id:vintage-code001:20181009224211p:plain

 出典:厚生労働省 食事摂取基準

www.mhlw.go.jp

体内にエネルギーを蓄積している。

 1gあたりのエネルギー

炭水化物(糖質)4kcal

脂質9kcal

たんぱく質4kcal

です。

 

身体にこれらのエネルギーを蓄えているわけです。

脂質、炭水化物は脂肪として、タンパク質は筋肉として。

  

ややこしいので、

  • 熱を発生させるためのエネルギー消費
  • 細胞にも脂質は使われている

などは、今回省略します。

 

日常生活や運動する際は、これらの蓄えられたエネルギーを順番に使用していきます。

 

どういう事かと言いますと、例えば、ジョギングやランニングの場合、

糖質、脂質、の順に使っていきます。

  

ジョギングは、『20分以降から脂肪が燃える、使われる』とよく言われます。

※強度によって時間は変化し、時間で急に変わるわけではありません。使う割合が大きく変わります。

 

エネルギー量が多いのだから、脂質から使ったらスリムになれるし効率が良いのですが、残念ながら私達の身体はそう成ってないようです。 

飢餓に備えて脂肪は温存され、利用しやすい糖質から使われると言われています。

 

ですから、脂肪の燃焼には有酸素運動が効果的なんですね。

 

注意点

過度な糖質制限によって、死亡事故も起こっています。(飢餓死)

例:ボディビルダー糖質制限ダイエットの著名人 など

 

炭水化物(糖、グルコースブドウ糖)は3大栄養素の一つであり、生命維持に欠かせないものです。

脳が一定量使用しています、絶対に必要なものです。

ですから低血糖の状態になると、ぼーっとしたり、ひどくなると失神します。

(朝ごはんの重要性も、うなづけるかと思います。)

 

 

最低限の栄養は摂取し、必要以上に蓄えられたエネルギーは、計画的に使って燃焼させるようにしましょう。

 

無理なダイエットは本当に危険です、くれぐれもご注意を。